S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

モバイル版はこちら

経営の傍らに 生活のそばに よりそう羅針盤でありたい

 メンタルヘルスケアは「セルフケア」「ラインによるケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」の「つのケア」が継続的、計画的に行われることが重要です。

 

■「セルフケア」

セルフケアとは、自分自身がストレスの存在に気づき、それに対処するための知識と方法を身につけて、それを実施していくことをいいます。

 本人が自分自身の変調にまずは気づいて、適切な対処行動をとることができれば、一番早い発見となり、早期の解決につながります。管理監督者にとってもセルフケアは重要です。

 


■「ラインによるケア」

職場の管理職によるケアは大変重要です。上司が「いつもと違う」部下の様子に気づくこと、気づいた場合は、よく話を聴いてあげることが必要です。

職場の管理監督者は、日常的に部下からの自発的な相談に対応するよう努めなければなりません。そのためには、部下が上司に相談しやすい環境や雰囲気を整えることが必要です。管理監督者が部下の話を積極的に聴くことは、職場環境の重要な要素である職場の人間関係の把握や心の健康問題の早期発見・適切な対応という観点からも重要です。

必要に応じて産業医ら専門家への相談を促す、休職した後の職場復帰を支援するなどの対応も求められます。

 


■「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」

産業医や保健師、人事労務管理スタッフ等は、セルフケア及びラインによるケアが効果的に実施されるように、労働者や管理監督者に対する支援を行うとともに、心の健康づくり計画の企画立案や実施にあたり、中心的役割を果たします。

 

■「事業場外資源によるケア」

メンタルヘルスケアに関し専門的な知識を有する各種の機関や専門家(事業場外資源)の支援を活用することが有効です。また、労働者が相談内容を社内に知られることを望まないような場合にも、外部の専門家を活用することが効果的です。

 必要に応じて労働者を速やかに事業場外の医療機関及び地域保健機関に紹介するためのネットワークを日頃から形成しておくことが求められます。特に小規模事業場は、必要に応じて地域産業保健センター等を活用するといいでしょう。

 

これら4つのケアが適切に実施されるよう、次の取り組みを積極的に推進するのが効果的です。

.瓮鵐織襯悒襯好吋△龍軌藐修・情報提供

⊃場環境等の把握と改善

メンタルヘルス不調への気づきと対応

た場復帰における支援