S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

モバイル版はこちら

経営の傍らに 生活のそばに よりそう羅針盤でありたい
 

■障害基礎年金

国民年金に加入している間にかかった病気やケガがもとで一定以上の障害が残り、保険料の納付要件を満たしているときは、障害基礎年金を受けることができます。

受けられる年金には1級と2級があり、障害の程度によって決められます。

 

◆障害基礎年金の受給要件は?

 1 初診日要件(初診日とは、その病気やけがで初めて医師の診療
   を受けた日)

  ・初診日において国民年金の被保険者であること

   又は

  ・初診日において被保険者であった者であって、
   日本国内に住所を有し、かつ、

   60歳以上65歳未満である こと

 2 保険者納付要件

  ・原則…初診日の属する月の前々月までに、被保険者期間の
   3分の2以上が保険料納付済期間(保険料免除期間含む)
   であること

  ・特例…初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に
   保険料の
滞納期間が無いこと

     ただし、平成28年3月31日までに初診日があり、

     その初診日時点において65歳 未満である場合に限る

 3 障害認定日要件

  障害認定日(初診日から起算して1年6ヵ月を経過した日、
  その間に治った場合は治ったとき)において、障害等級 1級
  または2級の障害状態にあること

 

なお、20歳前に初診日がある場合は、20歳に達した日またはその後に障害認定日が到来するときはその日において1級または2級の障害があれば障害基礎年金が支給されます。

  

◆障害基礎年金の額(平成24年度)

1級】 786,500円×1.25+子の加算
2級】 786,500円+子の加算

子の加算

・第1子・第2子  各 226,300円

・第3子以降     各   75,400円

 

障害厚生年金

厚生年金に加入している人が、加入中の病気やけがで障害になったとき受けられる年金です。1級・2級の場合は障害基礎年金と障害厚生年金が、さらに程度の軽い障害の場合は、3級の障害厚生年金だけが支給されます。

 

◆障害厚生年金の受給要件は?

 1 初診日要件(初診日とは、その病気やけがで初めて医師の診療
   を受けた日)

   厚生年金保険の被保険者期間中に初診日があること

 2 保険料納付要件

 ・原則…初診日の属する月の前々月までに、被保険者期間の
  3分の2以上が保険料納付済期間(保険料免除期間含む)
  であること

 ・特例…初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に
  保険料の
滞納期間が無いこと 。

    ただし、平成28年3月31日までに初診日があり、
    その初診日
時点において65歳 未満である場合に限る

 3 障害認定日要件

  障害認定日(初診日から起算して1年6ヵ月を経過した日、
  その間に治った場合は治ったとき)において、障害等級1級、
  2級または3級の障害状態であること

 

◆障害厚生年金の額

 

【1級】

(報酬比例の年金額) ×1.25 +
         〔配偶者の加給年金額(226,300円)〕

【2級】

(報酬比例の年金額) +
         〔配偶者の加給年金額(226,300円)〕

【3級】

(報酬比例の年金額) ※最低保障額 589,900円