S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

モバイル版はこちら

経営の傍らに 生活のそばに よりそう羅針盤でありたい

介護休業制度が改正されます

 

「介護と仕事の両立」を目指して、育児・介護休業法が改正され、

平成29年1月1日から施行されます。

 

改正された介護に関する諸制度は次の通りです。

 

1.介護休業の分割取得

これまでは、原則、対象家族1人につき1要介護状態ごとに1回であった

介護休業を、93日を限度として、対象家族1人につき3回まで分割して

取得できるようになります。

 

2.介護休暇の半日単位での取得

1日単位での取得だった介護休暇が、半日単位でも取得することが

できるようになります。

 

3.介護のための短時間勤務

介護のための所定労働時間の短縮措置について、

これまでは介護休業と通算して93日の範囲内での取得可能だったのが、

介護休業とは別に、利用開始から3年の間で2回以上の利用が可能に

なります。

 

4.介護のための残業免除

対象家族1人につき、介護終了まで、所定外労働の免除を受けられるように

なります。

 

関連して、介護休業を取得した際の賃金の補償について、

雇用保険からの介護休業給付金の給付率が、賃金の40%から

67%に引き上げられました(28年8月1日から)。

 

使いづらさが指摘されてきた介護休業ですが、

この制度を利用し、介護をしながらも働き続けられる人が

増えるようになるといいですね。