S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

モバイル版はこちら

経営の傍らに 生活のそばに よりそう羅針盤でありたい

精神障害による労災支給 最多の498件

 

うつ病などのメンタルヘルス不調の原因はさまざまですが、

長時間労働や上司からのパワハラなど、

業務との関連性が認められると労災認定される可能性があります。

 

厚生労働省のまとめによると、

2016年度の精神障害(労働に起因するうつ病など)による労災認定は、

前年度から26件増加し、過去最多の498件でした。

 

うつ病の発病の原因としては、月80時間以上の残業や2週間以上の連続勤務など、

仕事の量・質にかかわるものが149件と最も多く、

次いで多かったのは嫌がらせやいじめ、パラハワなどの対人関係に関するもので、

合わせて100件でした。

 

年齢別の労災認定件数をみると、40代が144件で最多。

次いで30代が136件、増加傾向にあるのが若年層で、

20代は前年から20件増えて107件、10代は7件増えて9件となっています。

 

職場の仲間の様子が変だなと思ったら、

「最近体がつらそうだけと大丈夫?」などと声をかけ、

「食欲がない」「眠れない」などの不調があるようであれば、

早めに休養するようすすめてあげてください。