S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

モバイル版はこちら

経営の傍らに 生活のそばに よりそう羅針盤でありたい

パワーハラスメントとは、「職場において、職務上の地位や影響力に基づき、相手の人格や尊厳を侵害する言動を行うことにより、その人や周囲の人に身体的・精神的な苦痛を与え、その就業環境を悪化させること」(財団法人21世紀職業財団)と定義づけられています。

「いじめ・嫌がらせ」、「パワーハラスメント」が社会問題として顕在化した背景には、企業間競争の激化による社員への圧力の高まり、職場内のコミュニケーションの希薄化や問題解決機能の低下、上司のマネジメントスキルの低下、上司の価値観と部下の価値観の相違の拡大など多様な要因が指摘されています。

具体的には、職場のパワーハラスメントの行為類型としては、以下のものが挙げられます。ただし、これらは職場のパワーハラスメントに当たりうる行為のすべてを網羅するものではなく、これ以外の行為は問題ないということではありません。

 

)醜圈傷害(身体的な攻撃)

脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)

3嵶ァγ膣岾阿掘μ技襦平祐峇愀犬らの切り離し)

ざ般馨緻世蕕に不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)

ザ般馨紊旅舁性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)

私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)